FC2ブログ



「 スポンサーサイト 」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「 春ですなー -mutu- 」
0329a.jpg

 お昼休みに自転車に乗って、山崎川沿いをポタリング。サクラは5分咲きってところでしょうか。暖かくて気持ち良いです。天気は下り坂のようですが・・・週末の花見は大丈夫?

 ガードレールが邪魔くさくて良い写真が撮れませんでした。フロントフォークをカーボンにしてみました。元のフォークがアルミ製で、スチールコラムだったのでかなりの軽量化。
 それにしてもカーボンは乗り心地が良いですね。今まで敬遠していた名古屋名物の白いコンクリート舗装(ごつごつしていてロードだとシンドイ)もヘッチャラです。しばらくは自転車通勤日和が続きそうです。


↓最近また花粉が。クリックして投票!!

投票お願いします

スポンサーサイト



「 Nagoya Central Garden まもなくOpen! -mutu- 」
0327c.jpg

 名古屋駅にミッドランドスクエアがオープンして、結構にぎわっているようです。僕は夜の空いている時間にしか行った事がないのですが、ほどよい複雑さとゆとりを持った商業エリアはなかなか魅力的だと思いました。名古屋にもこんなビルができたんだなって・・・。
 デザインは賛否両論あるようですが、個人的にはもう少し頑張って欲しかった。東京ミッドタウンとか六本木ヒルズと比べても。

 ところで4月11日にオープンする「Nagoya Central Garden」ってご存知でしょうか?地下鉄の池下駅の北側にできるのですが、僕はつい最近まで、JRの社宅からマンションの建て替えだけだと思っていました。
 しかし要注目のレストランや物販店舗も開店するんです。基本的に、一つの建物に対して一つの店舗が入居しており、それぞれがオープンスペース(ガーデン?)を介して建っています。

 良く言えばゆとりの空間。悪く言えばスペースの無駄使い。きっと後者の、今までの名古屋的な価値観(果たしてそんな風に定義できる価値観が存在したかは微妙ですが)でデザインしていたら、こんなに魅力的な商空間にはならなかったでしょう。
 これまで名古屋の都市空間はほとんど用を足す事しか考えられて作られていたと思います。これは建築に携わる人間にも責任のある事ですが。美術館しかり、百貨店しかり。
 目的地にいたるまでの時間や、空間は単なる手段として浪費されていただけではないでしょうか。単に点と点を物理的に移動するだけの無味な街並み。しかし都市とは、たとえ用がなくともフラフラと出かけたくなるような、人を誘い出すべきだと考えています。点と点が結びあい、面へと拡がっていくイメージが頭のなかにはあります。

 六本木ヒルズがオープンした時、周辺の古くからある商店街が相対的に寂れていくのではないかと危惧されていました。しかし、実際には六本木ヒルズが起爆剤となり、むしろ地域全体が活性化しています。点が面へと発展しました。
 名古屋でもミッドランドスクエアやセントラルガーデンがその地域全体を活性化し、魅力的な街づくりが進むキーになると思います。

 で、セントラルガーデンにオープンするレストランの中でも一番の注目は「ラ・ベットラ ダ オチアイ」でしょう。銀座にある本店は、日本で一番予約を取りにくいレストランとして有名です。東京に住んでいた時には行けずじまいだったので、今度こそ・・・。

↓最近また花粉が。クリックして投票!!

投票お願いします




「 シマニョーロ -mutu- 」
0320a.jpg

 新しい自転車を手に入れたら、カスタムしたくなるのが人情ってもんです。で、さっそくロードの改造に着手しました。

 ハンドルをMade in Italyのアルミ製にしたり、ビンディングペダルをフラットタイプに交換したり。でも一番の目玉はコンポの「カンパニョーロ」化!!です。
 やっぱりロードといえば本場ヨーロッパはイタリアの、カンパを使わないと気分が盛り上がらないでしょう。中堅グレードのVeloceですが、カンパはカンパ。ハンドル廻りのワイヤーが隠ぺいできるようになっていたり、さすがデザインの国イタリア!って完全に悦に入っております。

0320b.jpg

 細かい所の部品の精度とか、仕上がりは日本のシマノ(生産は東南アジア)の方が上の様な気がしますし、コストパフォーマンスも高いでしょう。でもレースでガンガンに使い倒す訳でもないので、完全に趣味に走っています。
 ただカンパニョーロに対応したホイールではないので、しばらくはシマノの9段ギアとカンパの部品を組み合わせた「シマニョーロ(シマノ+カンパニョーロ)」で走る事になりそう。現在ホイールを物色中・・・やめられませんな。


↓花粉と闘う私たちに、クリックして投票!!

投票お願いします




「 花粉シーズン真っ盛りですが -mutu- 」


花粉が景気良く飛び交ってますねー。正直外に出かけるのが億劫になります。

ですが会社には行かないと。先日、通勤用に中古でロードレーサーを手に入れました。相当な格安価格、ジャパネットもビックリの「5千円」です。定価が8万円弱なのでかなり良いお買い物でした。

スローピングのキツイ、コンフォート指向のバイクなのでレーサーと呼ぶのはどうかと思いますが、今まで通勤に使っていたマウンテンバイクよりも遥かに速いです。
マウンテンバイクでもそれなりの速度で巡航していたのですが、同じくらいのパワーで走るなら、スピードは2割増しです(今までこんなのと通勤バトルをしていたとは)。この感覚はちょっと他では味わえないですねー。

走っている時は楽しくてしょうがないのですが、やっぱり花粉ですね。そもそも何で花粉症が発症するのか?
スギの木などをたくさん植林したから?答えはこちら↓

「花粉症はナゼ発症するのか~答えは日光に~」

車好きなら毎日見てる「Car Graphic Web」に矢貫 隆氏が連載しているエッセイで明らかにされています。今年の異常な暖冬もあって「これから地球はどうなるんだろう?」と感じている方もいらっしゃると思います。ぜひ、氏の他のエッセイも読んでみて下さい。
興味深い記事ばかりです。

↓花粉と闘う私たちに、クリックして投票!!

投票お願いします




「 加賀百万石の旅 vol.3 -mutu- 」
0302a.jpg

まだまだ金沢ネタを引っ張ります。更新頻度が少ないので許して下さい。

上の写真は長町武家屋敷跡界隈です。人が住みながら保存されている地区なので、単に建物を保存しただけの資料館的な白々しさが無いのが良いですね。
市内の至る所に歴史、風情を感じさせる建物が残っていて散策していて飽きません。循環バスを使って観光スポットばかりを巡るよりも、ゆっくりとそぞろ歩いた方がより金沢を楽しめると思います。

0302b.jpg

お次は金沢市指定文化財の「寺島蔵人(くらんど)邸跡」。12代加賀藩主 前田斉広に仕えたという中級武士、寺島蔵人(1777~1837)の邸宅です。
いかにも武士の屋敷らしい簡素な造りに好感が持てます。庭付きの伝統的な日本家屋に住んだ記憶も体験もありませんが「やっぱ和風って良いなあ。」と妙に感慨深げに・・・。
池泉回遊式という庭園は、一点からの視点のみで規定されるピクチャラスな庭と違い、人を屋外へと誘い出す魔力があるように感じます。
驚いたのは樹高3メートルはあろうかというドウダンツツジ。庭木や植え込みに良く使われている低木ですが、こんなに大きくなるモノとは。
残念な事に落葉広葉樹なので冬は葉も花もありませんが、春の開花と秋の紅葉は特に素晴らしいそうです(学芸員の方の案内によると)。
[加賀百万石の旅 vol.3 -mutu-]の続きを読む

投票お願いします



copyright © 2005 嘆きのスタッフ・・・ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。