FC2ブログ



「 立ち喰い寿司 」


先日、食後に眺めていたのはお正月に近所の回転寿司屋から送られてきた割引券。それを見いてBossの口からでたのは「そういえば昔~で食った立ち喰い寿司屋は美味かったなあ。。。」というひとこと。

立ち喰い寿司?

お上品な育ちの私は、そんあ落着かない寿司屋にゃ~行った事ありません!ってか、もっぱら「お回りになるお寿司」ばかり食してきた私には生まれてこのかた聞いた事のないことば。最近じゃあそんな忙しいお店もあるのね♪と、ちょっぴり気取って質問。

それって「立って食べるお寿司屋さんのことですか?」

Boss & Mutsuさん爆笑!!

どうやらそれは私の想像したそれとは違い、カウンター越しに寿司職人が新鮮なネタを握って出してくれるお寿司屋のことだったのです。みなさんご存知でした?って知ってますよね~。私は知らなかったんです、お恥ずかしい。。。昔ながらのお寿司屋さんなら、「寿司屋」でいいじゃない~。f^_^;

思わぬ一言で育ちのよさが露呈してしまった夜でした。
・・・・・・・・・・・・・


しかし、なぜカウンターに腰掛けて食べる寿司が「立ち喰い」なのかと調べてみると、引っかかったのは東京近辺のお店で、1貫75円~100円程度の、その名のとおり、立って食すお寿司屋さん。おお~、私のひと言もあながち間違いではなかった。
最近東京の方では「立ち食いそば屋」「立ち飲み屋」ならぬ、「立ち喰い寿司」が、リーズナブルでスピーディー、そんでもってそこそこ美味しいとの声もあり、忙しい東京のサラリーマン・OL達・主婦に人気だそうです。

んん~、安くてうまいなら、回っている必要はない。
お上品な育ちの私にもとっても魅かれるものが。。。

「江戸時代、火災が多かった江戸は建築業が盛んらしく、高いところに登る職人たちは、お腹がいっぱいになって体が重くなることを嫌い2カン、3カンと小腹を満たして仕事ができる立ち食い寿司が、職人さん達に人気だったらしい。」

なるほど、寿司はむかしから忙しい江戸っ子に合ったファーストフードだったんですね。。。立ち喰い寿司の呼び名にも納得。

んん~いろいろ知ったら食べたくなってきた。。。

Boss、そういえば、近くの回る寿司屋から正月に送られてきた、20%OFFの割引チケットの有効期限が今月中でしたよ!!

ito


↓ただいまランキング向上キャンペーン中!
まずいっ。もうすぐ25位以下に…皆さんクリックお願いします!!


投票お願いします
スポンサーサイト




-------関連商品-------





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 嘆きのスタッフ・・・ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.